福岡市健康づくりサポートセンター

  • サイトマップ
  • 交通アクセス

家庭での血圧の測り方

生活習慣病

家庭での血圧の測り方

家庭での血圧の測り方

最近は、ご家庭で血圧を測る方も増えてきました。ただ、「測るたびに値が違うので、どれが本当の自分の血圧なのかわからない。」という方もいらしゃるようです。まずは、お持ちの血圧計の説明書に従い、条件をそろえて、正しく測ることが大切です。そして、測った値を記録しておきましょう。家庭での血圧が135/80mmHg以上なら、高血圧の疑いがありますので、放置せず、かかりつけ医に相談しましょう。

家庭での血圧の測り方Q&A

Q.血圧計の種類は?
A.上腕に腕帯を巻いて測る血圧計(上腕カフ−オシロメトリック法)がいいとされています。わからなければ、薬局、販売店などで尋ねてみましょう。
Q.測る部位は?
A.上腕で測るタイプの血圧計を選びましょう。手首や指で測る血圧計もありますが、測り方や人によっては誤差が大きいようですので、お勧めできません。
Q. いつ測るの?
A.朝は、起床後1時間以内、排尿後、座位で1〜2分間の安静後、服薬前、朝食前に測りましょう。
晩は、就寝前、座位で1〜2分間の安静後に測りましょう。
毎日同じ条件で計るのがポイントです。
Q. 測る回数は?
A.朝晩それぞれ少なくとも1回は測定し、できるだけ長期間測定しましょう。

2003年9月「家庭血圧計測定条件設定の指針」(日本高血圧学会)を参考

ページの先頭へ